ホーム経営者はなぜサウナに吸い込まれるのか

TWDW_スカイスパ_経営者はなぜサウナに吸い込まれるのか

 

経営者はなぜサウナに吸い込まれるのか

 

あなたの身近にもいないでしょうか。サウナに吸い込まれていく経営者が。彼等はなぜサウナに吸い込まれていくのでしょうか。

 

当初は少し変わった趣味と静観していたものの、彼等は自身のSNSアカウントで発信し、やがてサウナワーカーとしてメディアで取材をうけたり、寄稿したり、福利厚生として制度化してしまうなど、オススメするための、あらゆる手段を駆使するようになりました。いったい彼等は、サウナに何を求めているのでしょうか。

摩訶不思議な行動だけれど、少し気になり始めていませんか?

 

ところで、「働き方改革」「生産性」を叫んでいるのも、彼等経営者ではないでしょか。

社員に「生産性」を求める一方で、彼等が経営者仲間を募ってサウナへ行くが、その行為に「生産性」があるのか。そんなモヤモヤがないかといえば、正直ウソになる。

そして、彼等は一昔前まで「マインドフルネス」「瞑想」いったキーワードを、口にしてはいなかったでしょうか。一昔前の「マインドフルネス」「瞑想」とも距離をおいていたが、そんな彼等がサウナに向かうようになったので、余計にに混乱してしまっている。

 

一方で彼等に熱心にサウナに勧誘されるうちに、これまで距離を置き続けてはいたものの、あまりの熱心さに、実は少し気になり始めてもいる。数々の修羅場をくぐり抜けてきた彼等がオススメするからには、きっと理由があるのだろうと思い始めていいる。

 

そんな人にこそ聞いてほしい、サウナと働き方講座です。

実際に制度化したり、メディアに寄稿してしまった経営者の「サウナと経営」論に耳を傾けると、もしかしたら彼等の気持ちが分かるかもしれません。

もし彼等の気持ちが理解できそうになったら、そのままサウナへお向かいください。

 

イベント概要

日時:11月13日(火)17:00~18:30

場所:スカイスパ(横浜市西区高島2-19-12 スカイビル14F)

参加費:スカイスパ入浴券(※1)+1ドリンク付きで4500円(※2)

 

(※1)15:00~24:00利用頂ける入浴券付きです。

24:00以降の利用は、以下の延長料金が発生いたします

1時間毎310円(上限1,550円)

 

(※2)お申込み頂くと、当日すべてのイベントにご参加頂けます

・複業解禁時代の働き方改革は、集中改革かサボり方改革か → 詳細はこちら

・働き方改革で「会話減った」職場~なぜ部長たちはサウナに吸い込まれていったのか~ → 詳細はこちら

 

登壇者(50音順)

秋好 陽介氏

大学時代、インターネット関連のベンチャービジネスを起こす。

2005年にニフティ株式会社に入社。複数のインターネットサービスの企画/開発を担当。仕事の受託者・発注者、両方の立場を経験したことから、個人と法人のマッチングサービスを思い立ち、2008年4月に株式会社リート(現・ランサーズ株式会社)を創業。

同年12月、インターネットを通した個人と法人の自由な仕事のやりとりを目指すクラウドソーシングサービス「Lancers(ランサーズ)」の提供を開始する。

ランサーズ株式会社の代表取締役社長 CEOとして、日本初のクラウドソーシングサービス「ランサーズ」の運用を開始、現在はランサーズ株式会社の戦略および経営の統括に従事。


サウナ室に入る前に1つ意思決定すべきテーマを持ってサウナ室の10分で1つ意思決定している。

 

久志 尚太郎氏

1984年生まれ、株式会社TABI LABO 代表取締役。中学卒業後、単身渡米。

16歳の時に飛び級で高校を卒業後、起業。帰国後は19歳でDELLに入社、20歳で法人営業部のトップセールスマンに。21歳から23歳までの2年間は同社を退職し、世界25ヶ国をまわる。復職後は25歳でサービスセールス部門のマネージャーに就任。同社退職後、宮崎県でソーシャルビジネスに従事。2013年より東京に拠点を移し、2014年2月TABI LABO創業。

 

クリエイティブディレクターとしてヤマハ発動機「サウナとトリシティでととのった」やUltra Japan「OFFICIAL AFTER MOVIE2016」を手掛ける。

TABI LABOの福利厚生として「サウナ補助制度」を導入。

 

菅原弘暁氏

株式会社PR Table 取締役。2011〜2015年、大手総合PR会社であるオズマピーアール、内1年間は博報堂 PR戦略局に在籍。その後、国内最大級共創プラットフォームを運営する会社でPR・ブランディングに従事し、2015年9月より(株)PR Tableに参画。2年間で200社以上の採用広報/社内広報のコンサルティングを行い、500本以上のコンテンツを監修。2016年より現職。2018年11月27日に国内初となるPublic Relationsの大規模カンファレンスを開催予定。

 

「adam・eve」「文化浴泉」での出現頻度が高め。四半期に一度「サウナしきじ」での経営合宿も実施している。サウナ通いをはじめてから麻雀の勝率が大幅アップした。

 

中山亮太郎氏

2006年に株式会社サイバーエージェントに入社後、社長運転手の傍ら新規事業を立ち上げる。2010年からは株式会社サイバーエージェント・ベンチャーズのベトナム投資担当としてベトナム在住開始。

2013年に日本に帰国後、株式会社サイバーエージェント・クラウドファンディングを設立。同年クラウドファンディングサービス「Makuake(マクアケ)」をリリース。新製品、新サービス、新コンテンツの発射基地として事業を拡大。本田圭佑、市川海老蔵からの出資サポートを経て、2017年に株式会社マクアケに社名変更。

16℃と17℃の間に神秘があるタイプです。


クーポン使ってお試しスパっ!

このページのトップへ